信和会 > まちづくり

まちづくり

共同組織とともに、もっと住みよいまちづくり

共同組織は職員とともに歩むパートナー。「安心して住み続けられるまちづくり」をめざし、健康づくりをはじめ、助け合い活動や社会保障、平和を守る取り組みを一緒に進めています。

友の会-左京 からだの健康、こころの健康、社会の健康=平和

「からだの健康、こころの健康、社会の健康=平和」をスローガンに、健康づくりの取り組み、会員相互の親睦を深める旅行やお食事会、通院の送迎などのボランティア活動に取り組んでいます。誰もが安心して暮らせるまちづくりのために、より幅広い方々や団体と力をあわせて今後も活動していきます。友の会 左京

患者さんの声 Voice

京都民医連 あすかい診療所

京都民医連あすかい診療所にリウマチで通院しています。13年前、リウマチと聞かされたときは病名を受け入れられず、先生や看護師さんにあたり散らしていました。38歳の時に夫に先立たれ、小5、小3の2人の息子を必死に育てあげてようやくこれから自分のやりやいことをやろうと思っていたのに・・・。今は、ゆったりとした時間が流れ、幸せをかみしめています。近所に住む息子や孫たち、そして、ご近所の皆さんや診療所と「友の会」の皆さんに支えられている。リウマチになって失うものより、目に見えない貴重なものを得たことが私の生きる証しとなっています。
中村慶子

tomonokai08

患者さんの声 Voice

川端診療所居宅介護支援事業所

要介護5の母のケアプランは手を尽くされた賜物です。
担当ケアマネジャーの有言実行と即時対応!
その力強さと心温かい優しさに支えられながら、只今、安心感あふれる在宅介護進行中です。
岩永 千春

tomonokai09

友の会-東山 1,300人の会員と楽しく活発な活動

【東山健康友の会】
東山健康友の会1988年に創立。発足時会員数は390人でしたが現在は1,300人に。活動は、年間5回「友の会だより」を発行し、健康相談会・地域懇談会、サークル、日帰り旅行、落語会など、楽しい活動を活発に行っています。
【NP0法人助けあいグループりぼん】
NPO法人助けあいグループりぼんりぼんは、友の会と診療所職員で2005年に活動を開始。2007年9月にはNPO法人の認証を受けました。東山区在住で元気な者が自分の得手を生かし困っている人へお手伝いをする、生活支援活動を行っています。

友の会-山科 1,800人の会員とともに地域に根ざした活動

山科 友の会発足から30年。現在は約1,800人の会員がいます。活動としては、各サークル活動や送迎ボランティア、友の会健診活動に取り組んでいます。他にも健康まつりや一人暮らしの安否確認など、地域に根ざした活動を行っています。友の会 山科

友の会-洛北 子どもから高齢者まで安心安全の地域をめざして

洛北診療所では夏に地域の皆さんに呼びかけて納涼祭を行っています。子どもからお年寄りまで参加してもらえるよう職員・友の会で企画しており、竹を使った流しそうめんが好評です。また診療所の外に出かけ、歩こう会や岩倉や市原での健康相談会を行っています。地域に足を運ぶのがモットーの診療所です。納涼祭の様子

患者さんの声 Voice

京都民医連洛北診療所

診療所ができてしばらくしてから通っているので、15年くらいにはなるでしょうか。初代所長の藤本先生、中川先生、そして今は山西先生にお世話になっています。往診では丁寧に診てもらっているので、安心して毎日をすごせています。
92歳 男性

tomonokai12

入ってよかった 健康の会

幹事 駒井順治公益社団法人信和会創立60周年記念を迎えるにあたって思い出すのは、共産党の市議会議員であり安井病院の医師であった安井信雄先生のことです。
私が小学生、中学生の頃、市議会議員活動として地元でいろいろな集会に参加・演説され訴えられていた事が思い出されます。独特の声、くせのある演説の仕方。人気のある先生でした。今でも、第二中央病院の事を安井病院と言う人がいます。
京都で初の共産党の市議会議員を誕生させたのは、ご本人と安井病院の民医連活動と田中診療所の役割、また地元のいろんな闘いとが結びつき強固な地盤が創られたからです。今、大きく発展した京都民医連第二中央病院。民医連活動の拠点として成長されていることを嬉しく思います。
幸いに縁があって2年前に健康友の会の役員をさせていただきました。支部結成や医療懇談会などに参加させていただき感じたことは、医師の科学的な説明、講演や指導など時間をかけて行ってくれること。また、一人ひとりのいろんな角度での体力調査や医療技術者のサポート体制など、第二中央病院の組織をあげての支援体制は嬉しいですね。医師と個人との関係だけで健康管理するよりも支援体制の集団と友の会の会員の仲間と共に健康管理するほうが元気に励まされます。健康と生活の安定は、戦争のない平和な社会であることなど社会背景を抜きには語れません。民医連の活動は人間の生きる基本を押さえた総合的な活動をやられている。そこがすごい。まだまだ地域の中に根を広げて行く活動が要求されています。入ってよかった健康友の会と言われる活動を進めていきたいと思います。