保険調剤薬局
管理薬剤師  各位

2017年6月22日
京都民医連第二中央病院
院長 磯野理

「院外処方せんにおける疑義照会簡素化プロトコル」の運用について

 平素より当院の処方せんに応需いただき有難うございます。
当院では、平成22年4月30日付 厚生労働省医政局長通知「医療スタッフの協働・連携によるチーム医療の推進について」を踏まえ、プロトコルに基づく薬物治療管理の一環として、調剤上の典型的な変更に伴う疑義照会を減らし、患者への薬学的ケアの充実および処方医師の負担軽減を図る目的で「院外処方せんにおける疑義照会簡素化プロトコル」を2017年7月1日より運用を開始しております。

 本プロトコルを適正に運用するため、開始にあたっては、プロトコルの趣旨や各項目の詳細について当院担当者からの説明をお聞きいただいた上で、合意書を交わすことを必須条件としております。本取組みへの参画をご希望される応需薬局は、まず、当院薬剤課(電話075-701-6111代表)までご連絡ください。

本内容を本来の目的以外に使用することや、本院の許可なくして複製・転載することはご遠慮ください。

連絡先
京都民医連第二中央病院 薬剤課
電話 075-701-6111(代表)、FAX 075-712-9081