回復期リハビリテーション病棟のご案内

回復期リハビリ病棟では、患者さんが笑顔で社会復帰できるよう、
全力でサポートいたします

障がいを負っても、あなたらしい生活ができるよう一緒にリハビリを進めましょう!
入院から退院まで担当の医師、看護師、介護福祉士、理学療法士、作業療法士、言語聴覚士、相談員、薬剤師、管理栄養士、事務がチームとなり、あなたをサポートいたします。

回復期リハビリテーション病棟の理念と基本方針

理念

社会生活への早期復帰を目指して、人権を尊重しつつ、多職種が協働で最適な医学的リハビリテーションを提供します。

基本方針

  1. 専門多職種のチームで、機能障害の改善と生活の質向上に取り組みます。
  2. 回復期リハビリテーション10カ条に沿って、知識・技術の向上に努めます。
  3. 医療機関・福祉機関と連携し、入院・退院を円滑に進めます。
  4. 安全な病棟環境づくりに努めます。
  5. 温もりと安心を感じていただける対応をします。

回復期リハビリテーション病棟
6つの特徴

リハビリテーション担当医のご紹介

磯野 理

院長 磯野 理(いその おさむ)

日本リハビリテーション医学会専門医/指導医

日本脳卒中学会専門医

日本神経学会専門医/指導医

日本内科学会認定医

わたしたちの病院は、リハビリテーションを大きな柱にしています。回復期リハ病棟でリハビリを重視するのは当然ですが、他の病棟、外来、在宅のリハビリも充実させ、障がいの軽減に努めています。

回復期リハビリテーション病棟は、リハビリを通して脳卒中、骨折などを中心とした様々な病気からの回復を図る病棟です。よりよい回復(ゴール)が得られるようお役に立てることをスタッフ一同めざしています。

回復期リハ病棟の担当医(写真左より):

  • 磯野 理 医師
  • 後藤 広亮 医師(日本リハビリテーション医学会専門医・日本プライマリケア連合学会認定医
  • 中村 紀子 医師(日本リハビリテーション医学会専門医/指導責任者・日本神経学会専門医/指導医・日本内科学会認定医・日本医師会認定産業医)
  • 松灘 里佳 医師(リハビリテーション医学会臨床認定医)
  • 小林 充 医師(日本リハビリテーション医学会専門医・日本プライマリケア連合学会認定医/指導医)
  • 菊川 玲子 医師(日本リハビリテーション医学会専門医・指導医/日本病態栄養学会専門医/NSTコーディネーター)

入院に関する実績

(2017年度実績)

紹介元病院名

京都第二赤十字病院
吉川病院
京都大学医学部付属病院
京都民医連中央病院
京都第一赤十字病院
洛和会丸太町病院
京都鞍馬口医療センター
京都府立医科大学付属病院
康生会武田病院
日本バプテスト病院

(紹介人数の多い順、上位10院所)

患者層

脳血管疾患 72.0%
整形外科疾患 27.5%
廃用症候群 0.5%

在宅復帰率

78.2%

入院生活のご紹介

※画像クリックで拡大します。

きめ細やかなリハビリテーションを提供し、退院後の生活をサポートします。

連絡先

回復期リハビリテーション病棟に関するお問い合わせは下記までお願いします。

お問い合わせ

地域医療連携室

TEL 075-706-7602 / FAX 075-706-7763

受付時間

月~金
9:00~16:00
9:00~12:00