信和会 > 理事長挨拶

理事長挨拶

理事長 小林 充60年にわたる法人の歴史の中からの教訓として、①地域の要求から出発し、ことあるごとに立ち返る ②最も困難な人々によりそう ③平和と社会保障充実の旗を高く掲げ続ける ④経営を守る意識・観点を握って離さない ⑤人と組織の育成に労苦を惜しまない、の5点を、ぶれることなく受け継いでいきたいと思います。
発足当初の職員や地域の人が60年後の私たちを見てどんな評価をしていただけるのかは想像の範囲を超えるし、ましてや私に60年後を展望するのも無理なことです。それでせいぜい10年後の信和会へのミッションとして、①地域包括ケア時代にあって、「困ったときは信和会」「選べるものなら信和会」と頼られ評価される事業ネットワークをさらに強化している ②法人内外が対話にあふれ、新しいアイディア創発と真摯な振り返りが組織文化になっている ③まじめで柔軟で豊かな発想と実行力を持ちながらも理念においてぶれない人材が次々育っている ④安全性や医療・介護サービスの質向上と効率化・経営改善が一体のものとしてバランスよく発展している の4点をイメージとしてあげたいと思います。
先日、とある古い開業医の先生から、「信和会」の名は、創始者安井信雄先生に由来すると聞きました。その歴史的な意味合いをかみしめつつも、「地域を守る輪(和)」「戦争をしない輪(平和)」二つの和を信じるという意味を、魂を受け継ぐものとしてこの名前に込めてゆきたいと今感じています。